「やってみたい」をカタチに〜神山塾14期を終えて〜

「やってみたい」をカタチに〜神山塾14期を終えて〜

澤田千尋
澤田千尋

2022.12.28

8月から始まった神山塾14期生 は、12月26日で全員無事卒業しました。

14期生も全国から個性豊かな仲間たちが集まって、前向きに立ち止まり、自分に向き合う時間をお互いに共有し、さまざまなイベントや地域行事に向き合ってきました。

十人十色の「マイプロジェクト」

授業の終盤では、マイプロジェクトプランニングとして、一人ひとりが自分の「やってみたいこと」を実現するために、コンセプトやターゲットなどを丁寧に考え、企画書にまとめます。

ただ企画するだけでなく、自分の思いを言葉にし、別の誰かに届ける工夫もさまざま。これまでの学びや気づきを活かし、14人それぞれの「らしさ」がプレゼン発表に詰まっていました。

マイプロジェクトを進める中で、「これまでなんとなく描いていたものを整理整頓できる時間になった」「実際に行動するきっかけができた」「何をやるかだけではなく、なぜやるかを明確にすると色々なことが上手く進む」など実感を伴った学びの声を聞くことができました。

自分らしく生きることをあきらめない

私も神山塾のOGとして「自分らしく生きることをあきらめない」をテーマにお話させていただきました。

自分で道を選び、歩み続けることは決して楽ではないけれど、自分で決めた何かをカタチにできたときの楽しさや喜びを卒塾後も大切にしていってほしいなと思います。

神山塾に参加して〜塾生からの声〜

・失っていた自信を取り戻せた
・仲間の助言で、より良いものができる可能性を実感し、人に頼ることの大切さに気づいた
・相手のことを自分から知ろうとする努力をすると、いいコミュニケーションが生まれやすい
・傾聴することの重要性を感じた
・さまざまな人とのコミュニケーションを通じて自分の価値観の輪郭が見えてきた
・これから地に足をつけて生きていける気がする

塾生それぞれの皆さんが神山塾に参加して学びや気づきがあり、前向きな感想をいただき、神山塾を運営するリレイションとして非常に有り難く感じました。

毎度のことですが、神山塾は認定NPO法人グリーンバレーを中心に神山町の皆様、歴代神山塾生、多くの経営者のかたなどたくさんの方々に支援いただき成り立っています。

おかげさまで14期生も14名全員揃って卒塾しました。本当にありがとうございました。

そして14期生の皆さんお疲れ様でした。

神山塾は私たちの居場所です。
いつでもまた遊びに、学びに帰ってきてください。

皆様のこれからの新しい挑戦をスタッフ一同応援しています。


2022年のKATALOG BLOGはこれがラスト。
今年はどんな年でしたか?
皆さんに年末年始、ゆっくりと「語る」「くつろぐ」「記録(LOG)」する時間がありますように。
それでは良いお年をお迎えください。

この記事を書いた人

澤田千尋

澤田千尋

横浜常駐スタッフ。神山塾9期を経てRELATIONの広報担当。地域のよさや出会った人たちの魅力を発信しながら、これからの時代を生きるためのヒントをお届けします。シンガーソングライターとしても活動中。RELATIONと共に全国ツアーするのが夢!

この人の書いた記事を見る

関連記事

ラーニングジャーニー