【EVENT PR】1/28(土)、29(日)「しゃっこいフェス2017」

【EVENT PR】1/28(土)、29(日)「しゃっこいフェス2017」

三村 直輝
三村 直輝

2016.12.26

こんにちは!
本日は、北海道十勝・浦幌町から三村がお送りします。

ついに北海道は冬本番。
氷点下10度を下回る日も少なくありません。
路面には雪があちらこちらに残り、溶けるのは春先だそう。
そんな雪を「根雪(ねゆき)」というそうです。

今回はそんな寒い冬も吹き飛ばすアツいイベントのご紹介です。

 

しゃっこいフェスとは?

161226_01
過去のイベント風景。

「しゃっこいフェス」は、北海道十勝・浦幌町で開催される冬のイベントの一つです。
始まりは、町内に住む中学生の声からでした。
浦幌町では、春から秋にかけてはさまざまなイベントがあるものの、冬にはイベントがあまりありません。
大人になると寒くて外に出たくない気持ちもわかりますが、子どもたちにとっては冬は雪で遊べる楽しい季節。
「冬のイベントを開催してほしい!」との声を実現するべく、町内の若者が実行委員会を結成して開催してきました。

今回でイベントは3回目。

アイスキャンドルで会場を彩り、雪そり、かまくら、スノーフラッグや氷上手押し相撲などでイベントを盛り上げてきました。

前回、前々回と実行委員会のみで企画や運営を行うなか、町内の方からも「何かあれば声をかけてほしい」と嬉しいお言葉をいただいたので、今回は町内の団体、企業や町民の方にもご協力のお願いをしています。

 

ALL浦幌でイベントを盛り上げる

161226_02
第1回実行委員会でイベント企画している実行委員。

現在協力をお願いをしている町内の団体、企業や町民の方をご紹介したいと思います。

まずは町内の有志で集まった実行委員。
実行委員は町内の企業・NPO・役場に勤めている方、農家さんや地域おこし協力隊で形成されています。
同じ町内といえども普段は出会うことがない方々がたくさん。
このイベントを機に親睦を深め、何か新しいものが始まったりすれば面白いなーと個人的には思っています。

イベント企画をしながら笑顔の絶えない浦幌部。
イベント企画をしながら笑顔の絶えない浦幌部。

次に浦幌部のご紹介。
浦幌町には高校がありません。
町内に住んでいる高校生は、隣町などの高校に通っているのです。
小学校・中学校と浦幌町で地元愛を育んだ有志が集まり、今年から「浦幌部」という団体が結成されました。
主体的な学びを目的としたイベント企画や運営を、自分たちで考えて実施しています。
「しゃっこいフェス」でも何か企画してもらえないかと、協力を依頼しています。
高校の部活が終わった後に集まり、夜遅くまで議論を交わす積極的な姿を見ていると、
こちらの方が胸が熱くなります。

161226_04

今回のポスターは浦幌部の子がデザインしてくれました。
浦幌町のマスコットキャラクター「うらは・ほろま」がお餅に。

イベント告知を熱心に聞いてくれる子どもたち。
イベント告知を熱心に聞いてくれる子どもたち。

町内の団体、企業や町民の方にもご協力のお願いに足を運んでいます。
教育委員会、社会教育団体、消防、図書館、農協、漁協、林産、商工会などや町内企業数社。
イベントの告知から協力の依頼など急なお願い・訪問にもかかわらず、快く受け入れて聞いてくださる姿に感謝しています。

 

冬のイベントを彩る内容

161226_06
手書きで描かれた可愛いデザインのイベント内容。

現在決まってるイベントの内容をいくつかご紹介します。
1日目は夜に、2日目は昼にと、2日間にわたる開催を予定しています。

【1日目】

町民の方にご協力いただき、アイスキャンドルを道路の両脇に置いた、キャンドルロード。
今都市近郊で話題のプロジェクションマッピング。

浦幌町出身で浦幌町観光PRミュージックビデオ「浦幌の歌」を歌う廣川冠太さんの生ライブ。

【2日目】

浦幌部主催の雪合戦大会。
野外体験の提供を得意とする花まる学習会のサムライ合戦。
さまざまな町民の方による飲食店ブース。

その他にも楽しいイベントがもりだくさんです。

寒い冬でも外に出ていきたくなるようなイベントが実施できればと思います。

多くの方のご来場お待ちしております!

情報は以下のページに随時アップしていきます。

HP:http://shakkoifes2017.wixsite.com/urahoro-shakkoifes

facebook:https://www.facebook.com/shakkoifes2017/

instgram:「shakkoifes2017

 

【イベントの詳細】

日時:1月28日(土)18:00-20:30(キャンドル点灯は21:00まで)
   1月29日(日)10:00-14:00

場所:浦幌町 健康公園

主催/冬のイベント実行委員会
後援/浦幌町・浦幌学園小中一貫CS委員会・上浦幌学園小中一貫CS委員会
※小雨決行 予備日なし

 

最後に

161226_07

うらほろ子ども夢基金のお願いです。

これまで過去2回の「しゃっこいフェス」は、町の助成金で開催してきました。

今回も助成金を活用させていただく予定ですが、今後のことを考えると助成金のみを頼りにしていては、
継続が難しくなります。
そこで基金を募り、助成金に頼らなくても開催することはできないだろうかと考えました。
基金を集めるということで、これまで以上にしっかりと実行委員会で責任と覚悟を持ってイベントに臨みます。
この基金は冬のイベント実施に係る準備や運営の資金に充てさせていただきます。
子どもたちのために、より多くの方からご協力いただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。

寄付振込先
※下記のいずれかの口座へお振込ください(お振込手数料がかかります)。

口座名義人は、いずれも「ウラホロコドモユメキキン」です。

  • ゆうちょ銀行『ゆうちょ銀行からゆうちょ銀行へのお振込』
    記号 19040 番号 43790241
    (※ATMであれば月3回まで手数料無料)
  • ゆうちょ銀行『他銀行からゆうちょ銀行へのお振込』
    店名 九〇八 店番号 908 普通預金 口座番号 4379024
  • 帯広信用金庫
    浦幌支店 普通預金 口座番号 1054219

何かご不明な点がございましたら、うらほろ子ども夢基金事務局までお問い合わせください。

うらほろ子ども夢基金事務局
北海道十勝郡浦幌町字寿町7番地1
TEL:015-578-7180
E-mail:shakkoifes2017@gmail.com

 

《こちらの記事もどうぞ》

浦幌町の夏のイベント「ふるさとの夏まつり」にかかわる地元の方の思いとは?
地元の祭りを支える人がいる町

浦幌町に地域おこし協力隊として移住したスタッフが気づいた「地域内経済循環」の大切さ。
地域で作るお金の回し方-浦幌町に移住して気づいたコト-

 

——————————————————————
KATALOG WEBのTwitterはじめました!
@katalog_shikoku

更新情報やおまけ情報、過去のおすすめ記事などつぶやきます。
ぜひフォローしてください!

この記事を書いた人

三村 直輝

三村 直輝

広島県広島市出身。農業で若者を元気にするNPOに出会い、地域と若者をつなげることを生業にすると決意。神山塾7期を経て、北海道十勝・浦幌町の廃校カフェ(TOKOMURO CAFE)を運営。カフェをコミュニケーションツールとして、地域の魅力を発信していきます。

この人の書いた記事を見る

関連記事