春の訪れ 梅の咲く季節-The Agawa Plum trees are in blossom-

春の訪れ 梅の咲く季節-The Agawa Plum trees are in blossom-

穴井 祐介
穴井 祐介

2017.03.08

KATALOG WEBをご覧のみなさま、いかがお過ごしでしょうか。

三寒四温で少しずつ春が近づいてきています。
スギ・ヒノキ花粉に対してアレルギーをもっているため、春になるとマスク姿の穴井です。
神山町に来る前までは、春の訪れを私に教えてくれていたのは花粉の飛散でした(笑)。

ですが、最近は梅の開花に季節の移ろいを感じるようになりました。
今回は、阿川梅まつりを通して地元のかたたちと交流し、学んだことや感じたことの紹介です。

今回も英語文章の後に日本語文章を書いています。どちらもお見逃しなく!

Thanks for reading this article. This is Yusuke.

It starts warmer from the middle of March in Japan.
I have terrible hay fever caused by Japanese ceder pollen, which tell me coming of spring lol.
However, I feel it by the blossom of plum flowers in Kamiyama as well.
Today, I would like to introduce to you about Agawa Plum Festival and what learned from locals.

 

Agawa Plum Festival is the biggest event in Agawa area.

170308_01
The number of plum trees in Agawa area is about 16,000.
170308_02
The main site of opening ceremony . Special guests scattered small rice cakes from the top of this site.

The number of plum trees in Agawa area is about 16,000,
which is the largest plum park in Shikoku region.

Many people visit to Kamiyama town in the term of Agawa Plum Festival every year.
It is the most exciting event in Agawa started from 1992.

Some traditional ceremonies were taken on the opening day for celebration.
Locals performed Lion dance and Umbrella dance. It has been five years since the umbrella dance shown last time.

I was still trainee when I supported this festival last year.
I just helped to make a tower for scattering rice cakes at the moment.

However, I could join to prepare this event for every part this year such as making rice cakes,
planting plum trees, recording the opening ceremony and more.

Usually we could enjoy the graduation of plum blossom,
but almost of all plum trees were already full on the 26th of February when the opening ceremony was taken.

From this plum festival, many kinds of flower festivals would start in Kamiyama town.
For instance, the rape blossoms in Eta area, the cherry blossoms in Orono area and the azalea flowers in Kamibun area.

That definitely is a strong point of Kamiyama town where is surrounded by beautiful nature.
(I recommend to check a home page of Kamiyama town. )

170308_03
Two pairs of the Lion dance were well synchronizing.
170308_04
The umbrella dancers wore gorgeous uniforms.

 

Learning from locals through traditional customs

I joined to plant thirteen nurseries of plum on the 16th of last February with a committee of Agawa Plum Festival.

We planted them on the road side near the Ninomiya shrine where was the main site of opening ceremony.
Actually, there is next to a post office so that many people would enjoy watching their growth.

170308_05
Three kinds of plum, white, reddish pink and weeping plum. Used a crane for a nursery tree was too heavy.
170308_06
A nursery tree needs more than five years before planting.

I was in high spirits because the blossom timing was earlier than last year.
But, locals looked not so happy.
A local taught me that reason when I joined to set up of the main site on the previous day of the opening ceremony.

“It is difficult to produce fruits in case of early blossoms”
I asked him that reason.
“Bees cannot fly and work yet because it is still cold.”

Make sense?
The plum trees cannot produce fruits unless bees carry their pollen.

I definitely learned it when I was elementary school, but I could not remember about that.
It seems that learning would be more effective not only study in a classroom but also experience outside.

In addition, I and my colleagues helped to make rice cakes for scattering at the opening ceremony.
Neighbors gather to an assembly hall and prepare them every year.
The number of rice cake was too many to count lol.

170308_07
Rice cakes need plenty of dry, so we reversed them in every ten minutes.

A local taught me about the past value of plum fruits during making rice cakes.

“Plum fruits were really valuable before. We could own a house in just one year by plum’s sales.
This is the reason why plum fruits used to be called ‘Blue Diamonds’.”

I was extremely surprised to hear that!
It was true, but plum fruits are not so expensive in these days.

It is one of the good points to learn local customs and knowledge by participation to local community.

 

Cultivating Original Culture

In conclusion, I believe that locals are essensial for cultivation of original culture.
This is because they are more frequent of local matters than settlers.
Of course, I always learn about Japanese traditional culture from them.

On the other hand, one of the settlers’ roles is supposed to be finding local characteristics and charm.
Settlers could compare the settlement to the other place.

They might be interested to know Japanese traditional customs, but sometimes it might be difficult to accept.
This is because Japanese traditional customs are sometimes irrational.

It seems to be important to respect their original culture and the way of viewing each other.
So that, the town would continue to flourish with its characteristics.
I would like to support locals as well as settlers to flourish the town for the future.

 

↓↓以下、日本語文章です。↓↓

神山町に春の訪れを知らせる阿川の梅

170308_01
阿川の名物である梅。約16,000本あり、見ごろを迎えている。
170308_02
阿川梅まつりのオープニングセレモニー会場。紅白の幕が下がった櫓(やぐら)の上から来賓のかたが餅投げを行う。

神山町阿川地区は、四国最大級の梅園が広がっており、16,000本もの梅が植えられています。
その阿川地区が一年間で最も注目を集めるのが、今年で26回もの開催を誇る阿川梅まつりです
(2017年は、2月26日から3月19日まで)。

開催初日のオープニングセレモニーでは、伝統芸能の獅子舞や5年ぶりに披露された傘踊り、
恒例の餅投げが催され、多くの人で賑わいました。

まだ神山塾生だった昨年度の梅まつりは、会場の設営のみのお手伝いでしたが、
今年は餅投げ用の餅作り・梅の植樹・オープニングセレモニーのビデオ撮影など、
さまざまな活動のお手伝いをさせていただいています。

毎年、梅まつりは2月下旬に梅の開花に先駆けて始まり、
徐々に花が開いていく様子を楽しむのですが、
今年は開花がとても早く、2月26日時点で八分咲きの品種もありました。

これから神山町では阿川の梅まつりを皮切りに、
江田菜の花祭り、鬼籠野さくらまつり、上分花の隠れ里ツツジまつりなど、
いろいろな花を楽しむ祭りが開催されていきます。

季節の移り変わりを植物が知らせるのも、自然に囲まれた神山町ならではですね。
(各種イベント情報に関しては、神山町のホームページをご参照ください。)

170308_03
息の合った獅子舞の動き。
170308_04
華やかな衣装に身を包んだ傘踊りの踊り子たち。

 

伝統にふれる、地域のかたから学ぶ

阿川梅まつりの実行委員である森敏(もりさとし)さんにお誘いいただき、
梅まつりが始まる2週間ほど前に、梅の植樹のお手伝いをさせていただきました。

梅まつりのオープニングセレモニーが開かれた二ノ宮神社へ通じる道の脇に、
13本の梅の苗木を植えました。
郵便局のすぐ裏手にあり、目に留まりやすい開けた場所なので、
多くの人がその生長を見届けられるでしょう。

170308_05
白梅・紅梅・しだれ梅の三品種を植樹しました。クレーンで梅の苗木を吊り上げ、穴まで運ぶ様子。
170308_06
木をここまで育てるにも5年以上の歳月がかかります。

今年は梅の開花が早く、ちょっと浮かれ気味の穴井でしたが、
地元のかたからすると喜ばしいことばかりではないみたいです。

梅まつりオープニングセレモニーの前日、
餅投げのための櫓(やぐら)を立てるお手伝いをしていたときのこと、
こんなことを教わりました。

「今年は開花が早いけど、早い時期に開花してしまうと、実ができんのよ~」
なぜだかわからず、その理由を尋ねると、
「まだミツバチが飛び始めるには、寒すぎるけんの」

なるほど、たしかにそうだ……。
ハチなどの昆虫が花粉を運び、受粉しないと果実はならない。

小学校の理科で学んだ気もしますが、自分の生活に紐つけるには、
教室の中だけよりも、現場で体験しながら学ぶことが効果的なようです。

今年は餅投げでばら撒くお餅づくりのお手伝いもしました。
毎年、集落ごとに集まり、地域の人が総出でお餅を作ります。
いったい何個の餅をつくったのか、できたお餅を数えようとしましたが、
すぐに止めました(笑)。

170308_07
カビが生えないようにしっかり乾燥させる。ここは神木集落ですが、他にふたつの集落で作ったそう。

お餅をしっかりと乾燥させるために、ひとつずつひっくり返している合間に、
地元のかたからこんな話を聞きました。

「昔は、梅も高く売れていての~。
ひと箱でだいたい2~3万円くらいで売れていて、
青いダイヤモンドと呼ばれとった。一年で家が建っとったわ~」

「い、家が建つ!?」

聞き間違いかと思いましたが、本当らしく、
近年は和歌山県の生産量が多いため、昔ほどは高く取引されていないみたいです。

こうした地域活動に参加していると、
その地域ならではのことや生活の知恵を紹介し尽せないほど教えてもらえます。

 

地元のかたとつくる風土

梅の植樹や梅まつりの準備、運営をお手伝いして感じたことは、
「その土地の風土づくりに地元のかたの存在は欠かせない」ということです。

当たり前のことですが、地元のことを最も詳しく知っているのは地元のかたで、
県外から移り住んでいる私は、教わることがほとんど。

毎年、多くの人で賑わう梅まつりをつくり上げたのも地元のかたたち。

一方で、その土地ならではの魅力を発見することは、
外の土地を知り、比較することができる移り住んだ人の役割かなと思います。

おそらく、これまで当たり前だと思っていた文化や風習が異なるほど、
興味深かったり、あるいは受け入れ難かったりするのかもしれません。

両者がお互いの視点や価値観を尊重しながら、まちづくりをしていけば、
「その土地らしさ」を残したまま、まちが存続していくのだと思います。

今も昔も、まちづくりの主体は地域に根付いて生活するひとだと思いますが、
そのお手伝いをこれからも変わらずに続けていく考えです。

 

《こちらの記事もどうぞ》

四国最大級の梅園が広がる阿川地区の紹介。
山姥周辺地図 『阿ノ地』 で巡る阿川地区 -Walking Report Around Agawa Area With “Anoti Map”-

——————————————————————————————————
3月20日(月・祝)東京でキャリアワークショップ開催します!
詳細はこちら

この記事を書いた人

穴井 祐介

穴井 祐介

大分県出身の九州男児。古い価値観や既存の枠組みから脱却し、時代の先端で生きることを目指しています。神山塾を通して得た経験を他の地域で活かすべく、2019年から愛媛県西予市にてエリアマネジメントに挑戦。大分のカボスと徳島のすだちの板ばさみにあっていましたが、これからはみかん推しでいきます。

この人の書いた記事を見る

関連記事