Learning Journey in Kaiyo(徳島県海陽町)

Learning Journey in Kaiyo(徳島県海陽町)

前田 優
前田 優

2019.02.20

皆さん、こんにちは!
プランナーの前田です。

2/9-11に開催された「Learning Journey in Seiyo」に続き、早くも第2弾の発表です!

今回は、海陽町産業観光課×海陽町地域おこし協力隊×RELATIONの特別企画でお届けします。

もちろん舞台は、徳島県の最南端・海陽町。

サーフィンのポイントとしても有名な美しい海をはじめ、
山や川などの豊かな自然に恵まれており、レジャーにも最適な町。
最近は牡蠣の養殖事業やサーフタウン・きゅうりタウン構想など、
新たな地域活性の取り組みも行われています。

皆さんにこの海陽町の魅力を目一杯感じもらいたい! ということで、
今年1月末、Learning Journey in Kaiyoの企画チームが立ち上がりました。

チーム名は、“4RF”(フォー・ライスフィールド)
メンバーは、ローカル・プロデュース株式会社(元・海陽町地域おこし協力隊)の栗さん、海陽町地域おこし協力隊の重さんと藤さん、そして私、RELATIONの前です。
(チーム名の由来は、もう皆さんお分かりですよね?笑)

より多くの皆さんに海陽町を知ってもらい、
参加いただく方々に海陽町を好きになってもらえるようなツアーにしたいと、
企画ミーティングを繰り返し行なってきました。

企画(プログラム)のコンセプトは、
「私たち自身が海陽町で体験・経験したなかで、心から参加いただく方々にお勧めしたいもの」
となり、各々がプログラムのアイデアを出し合いました。

以下、3月9日〜10日開催(1泊2日)の、
Learning Journey in Kaiyo の予定プログラムです

海陽町宍喰地区の特産、寒茶。
缶茶の摘み方を地域の方に教わる。

海陽町は、温暖な気候を活かした農業の取り組みも盛んな町。

農業体験を通して、地域産業の特色や地元農家さんの想いを知り、
自分たちで汗を流して収穫したものを美味しくいただくことで、
改めて食や暮らしの大切さを感じてもらえればと。

Learning Journeyは「旅をするように(地域を)学ぶ」がテーマなので、しっかり(汗をかいて)体験してもらう内容になると思います(笑)。

今がシーズンのブリをメインに、あんろく、ウツボなどを特製しゃぶしゃぶで。

初日の夕食(地域の方々との交流会)では、
収穫した海陽町産の野菜を使った天ぷらや、
今がシーズンのブリを使った特製しゃぶしゃぶなど、
海陽町だからこそ味わえる、新鮮な魚や料理を楽しんでもらいます。

お酒を交えながら、他の参加者や地域の方々との交流を、
語りながら、くつろぎながら、楽しみましょう!

ですが、翌日もあるので、お酒はほどほどに(笑)。

他にも、皆さんに海陽町の魅力を目一杯感じてもらえるプログラムを予定しています。

早朝の海の景色と海陽町らしさを体感できる、大敷網漁体験。
地域広報誌「KATALOG」2号の表紙にもなった、真光山城満寺。
海陽町の海洋観光スポット、竹ヶ島周辺を散策。

他にも、皆さんに海陽町を楽しんでもらえるプログラムをご用意しています。

Learning Journey in Kaiyo、興味のある方はぜひ気軽にお問い合わせください。
皆様のご参加、プロジェクトチーム一同、心よりお待ちしています!!

※ 予定プログラムの写真はイメージです。
※ 天候などの影響で、プログラムの一部を変更することがあります。


【Learning Journey in Kaiyo】

● 実施日:2019年3月9日(土)、10日(日) 1泊2日
● 参加費:税込12,000円(食事・宿泊費・研修体験費込み)
※ 参加費は、当日現金にてお支払いください。
● 時間:〔9日〕開始 13:30 〔10日〕16:30 終了予定

※ 海陽町「コワーキングセンター城山荘」が集合場所です。
「コワーキングセンター城山荘」のアクセスはこちら(Google Map)

徳島駅からの送迎も行います。
(先着6名様。9:45にJR徳島駅横 JRホテルクレメント前にご集合ください。)

※ 当日のスケジュール詳細、ご用意いただきたいものなどは、
別途メールにてご連絡致します。

【お問い合わせ・お申込み方法】

下記の「参加のお申し込みはこちら」のボタンからお申し込みください。
受付締切:3月7日(木)18時まで

お問合せ先:株式会社リレイション 前田
email: maeda@relation-style.com

この記事を書いた人

前田 優

前田 優

地域マネジメント事業のプランニング・ディレクションを担当。2019年から熊本県南小国町で「地域人材マネジメント×温泉旅館」のプロジェクトにチャレンジ。民藝品や伝統工芸品が好きで、最近のマイブームは酒器。お刺身をアテにお気に入りの酒器で日本酒を呑むのが何よりも幸せ。

この人の書いた記事を見る

関連記事