【EVENT PR】2/26(日)神山塾PLUS〜自分の仕事の迷い方〜

【EVENT PR】2/26(日)神山塾PLUS〜自分の仕事の迷い方〜

西川 萌子
西川 萌子

2017.02.10

リレイション東京支部の西川です!
今日は東京で行う新しい取り組みのお知らせです。

その名も「神山塾PLUS〜自分の仕事の迷い方〜」。

なんとなく、いまの働き方や暮らし方がしっくりこない。

やってみたいことはあるけれど、なんだか動き出せない。

そんな方にぜひ参加していただきたい体験型講座です。

当日は、大きく分けてインプットパートとアウトプットパートの2つのコンテンツを用意しています。

インプットパートでは、リレイションなりのキャリアについての考え方をお話しします。
ここでお話するキャリアについての考え方は、2010年から現在まで、
卒塾生100名以上を輩出し、
移住や起業などライフシフト・ワークシフトのきっかけとなってきた
地域滞在型職業訓練・神山塾を通して培ってきたものです。

アウトプットパートでは、ワークシートを書いたり、
参加者同士でお互いの考えを話し合ったりすることで、
自分の今と未来を整理していきます。

将来についてただやみくもに思い悩むのではなく、上手にモヤモヤし、
やがては一歩踏み出すきっかけを作ることができるような場にしたいと思っています。

日時は2月26日(日)14:00〜18:00。

場所はちよだプラットフォームスクエア本館です。

参加方法の詳細は記事の最後にまとめてあります。

その前にもう少し、どんな内容なのかをお伝えしたいと思います!

 

 

コンセプトは「モヤモヤを楽しむ&きっかけを作る」

自分の将来について思い悩む期間のことを「ニュートラルゾーン」といいます。
私がこの言葉を初めて聞いたのは、神山塾第7期の説明会でした。

私は神山塾第7期生として2015年の冬に神山へ行きました。

その年の夏に前職を辞めたのですが、それから神山塾に行くまでの期間は、
自分の仕事のことや生き方のことについて、すごく悩んでいた時期でした。

前の仕事を辞めた直接の理由は、忙しかったり、
ストレスが多かったりして体調を崩してしまったからです。

でも、そのとき私が体調のことよりも悩んでいたのは、
「自分の仕事が誰の役に立っているのかわからない。なんのためにやっているんだろう?」
ということでした。

辞めればすっきりするかなとも思いましたが、いざ辞めてしまうと、
今度は「じゃあ次は何をすればいいんだろう?」という悩みの波。

興味のあることもなくはありませんでしたが、
前の仕事に対して「逃げた」という感覚もあったため、
そんな自分には何もできないような気がして、新しいことに挑戦する気力がわきませんでした。
「挑戦する気力がわかない」というのも言い訳のような気がして、
さらに自分が嫌になるという悪循環にはまっていました。

そんなとき、Twitterのタイムラインで目にした日本仕事百貨の神山塾第7期募集の告知。

それまで、神山町のことも知りませんでしたし、
地域活性化に興味を持ったこともありませんでしたが、
「自分で決める」というタイトルの募集記事を読み、面白そうだなと思い、
とりあえず説明会に行ってみることにしました。

東京で行われた神山塾第7期募集説明会の様子。
東京で行われた神山塾第7期募集説明会の様子。

説明会で、リレイション代表の祁答院が、神山塾とはなんなのかを話していたのですが、
そのなかに「ニュートラルゾーン」という言葉が出てきたのです。

「自分の将来について思考を高める時間=ニュートラルゾーンは必要なもの」

そう聞いて、
「どうしたらいいかわからなくて悩んでいるのは、悪いことじゃないんだ!」
と衝撃をうけました。

何しろ、次にどうするかを決められないことに罪悪感があったので、
悩んでいることを前向きに捉えようなんて、思いもしなかったからです。

その説明会のときに自分がとっていたメモを見返すと、
「ニュートラルゾーン」のほかにもうひとつ、
印象に残った言葉が書いてありました。

「チャレンジとスキルのバランスを整える」という言葉です。

何をすればいいかわからなくて不安になったり、人生に退屈したり、
あるいは、一生懸命やっているのに
うまくいかずに焦りばかりがつのるのは、
スキルとチャレンジのバランスが悪いからだという考え方があること。

そのバランスを整えることで、心理学で「フロー」といわれる、やる気が満ち溢れて、
挑戦が楽しくなるような状態に身を置くことができるようになること。

「このニュートラルな時間を前向きに過ごして、自分が今どこにいるのか見定めよう」

説明会での話を聞いたことで、そう自分の気持ちにスイッチが入りました。
そして、神山へ行く、という一歩を踏み出すことができたのです。

それから神山塾生として5ヶ月間を過ごし、
卒業後はリレイションの仕事をするようになりました。

神山やリレイションでは、これまでの人生では会ったことがないような色々なひとに会う機会があり、そのなかで「自分らしさ」のようなものが見えてきました。

「自分にも役割があるのではないか」ということを感じられる場面もたくさんあり、
それが充実感につながっていくので、
直接自分が「これがやりたい!」と思っていたことでなくても、
とりあえずやってみようとしている自分がいます。

すると、できることが増えて、自分の将来の選択肢も増える、
という良い循環が生まれてきたのではないかと感じられている今日このごろです。

 

当日は何をするの?

私と同じように「モヤモヤ」していて、どうしたらいいかわからないという方には、
神山に来て塾に参加していただくことが一番なのかもしれませんが、
数ヶ月、離れた場所に滞在しながらプログラムに参加するというのは、
よほどタイミングが合わなければ難しいことだと思います。

今回は、参加しやすい場を作りたいと思い、
東京で半日間のプログラムを実施することになりました。

当日のレクチャーやファシリテーションはリレイション代表の祁答院が務めます。

冒頭でも書いたとおり、当日は、大きく分けてインプットパートとアウトプットパートの2つのコンテンツを用意しています。

インプットパートでは、「ニュートラルゾーンの過ごし方」や「スキルとチャレンジのバランスを整えるには」など、
リレイションなりのキャリアについての考え方について詳しくお話します。

アウトプットパートでは、ワークシートを書いて、
今の自分となりたい自分をしっかり整理し、
その2つをつなげる方法を考えたり、
参加者同士でお互いの話を聞き合ったりします。

ただ闇雲に一人で考え込むのではなく、書いたり、話したり、アウトプットすることで、
「上手に悩む」ことができるようになるはずです。

短い時間ではありますが、モヤモヤを楽しみ、きっかけを作る方法について、
凝縮してお伝えしたいと思っています。

ご参加お待ちしております。

 

【講座の詳細】

日時:2017年2月26日(日)14:00〜18:00(途中入退場不可)
場所:ちよだプラットフォームスクエア 会議室502
(ちよだプラットフォームスクエアへのアクセスはこちらをご参照ください)

参加費:お一人様2,000円
参加方法:Peatixイベントページよりチケットをご購入ください。
神山塾PLUS〜自分の仕事の迷い方〜Peatixイベントページ
定員:12名
お持ち物:筆記用具

Facebookページでも情報発信しています。ぜひご覧ください。
神山塾PLUS〜自分の仕事の迷い方〜Facebookイベントページ

お問い合わせ:
株式会社リレイション 担当:西川
nishikawa@relation-style.com

セミナーの様子は撮影・録音し、弊社のウェブサイトやSNS等で公開させていただきます。
あらかじめご了承ください。

この記事を書いた人

西川 萌子

西川 萌子

東京常駐スタッフ。2018年にキャリアコンサルタント資格を取得し、神山塾生のキャリアコンサルティングも担当。最近、サーカスの曲芸を練習する機会があり、皿回しができるようになりました。次はジャグリングボールにチャレンジしようと目論んでいます。

この人の書いた記事を見る

関連記事