10/14〜16 Learning Journey in URAHORO(北海道十勝郡浦幌町)

10/14〜16 Learning Journey in URAHORO(北海道十勝郡浦幌町)

三村 直輝
三村 直輝

2019.09.19

Learning Journeyは地域の暮らしや人から学び、感情ではなく事実を捉え、論理ではなく直観を磨き激変時代を生きる力ではなく、「人に生かされる力」を学ぶ自己理解の気づきと学びの研修です。

北海道十勝郡浦幌町をフィールドにした今回のLearning Journeyでは、雇用創造ラボ TOKOMURO Lab&cafeを拠点に、十勝の大自然と暮らしを知り、浦幌町のまちづくり「うらほろスタイル」から学びます。

広大な自然と共に生きる
廃校をリノベーションしたTOKOMURO Lab & Cafe

こんな方におすすめです!

・自分で決めて、自分の未来を描きたい
・就職、転職、起業、移住等、田舎の現状知りたい
・自分を受け止め、前向きに立ち止まりたい
・新しい挑戦に踏み出すきっかけをつかみたい

タイムスケジュール

※スケジュールは変更になる可能性があります。ご了承ください。

10月14日(月・祝)
14:00 JR浦幌駅集合(帯広空港、JR帯広駅、釧路空港利用の場合は送迎可能)
14:00 – 14:30 TOKOMURO Labへ移動
14:30 – 15:00 オリエンテーション・自己紹介
15:00 – 16:00 うらほろスタイル、TOKOMURO Labについてレクチャー
16:00 – 17:00 入浴@留真温泉
18:00 –    歓迎会

10月15日(火)
7:30 – 8:00 起床・朝食 (@複合施設FUTABA)
8:30 – 14:00 お豆腐作り 料理愛好家 坂下氏(昼食含む)
14:00 – 15:00 浦幌町内ツアー(昆布刈石展望台など)
15:00 – 17:00 農場・牧場見学 農家 上出氏(薪割り等も)
18:00 –  交流会

10月16日(水)
8:30 – 9:00 起床・朝食 複合施設FUTABA
9:00 − 10:00 振り返り、まとめ TOKOMURO Lab
10:00 解散


Learning Journey in URAHORO

●日程
2019年10月14日(月・祝)〜10月16日(水)2泊3日

●集合日時/場所
10月14日(月・祝)
10:00 帯広空港
11:00 JR帯広駅
12:00 釧路空港
( ※ご都合のよい地点でピックアップ可能です。あらかじめご希望の場所をお伝えください)

●解散日時
10月16日(水)10:30 解散

●参加費:
一般/38,000円
学生/19,000円
上記には研修費のほかに宿泊費・食費が含まれています。
当日現金にてお支払いください。

キャンセル料金は以下の通り申し受けます。
当日キャンセルの場合50%
前日キャンセルの場合30%
※キャンセルの場合は必ずご連絡ください。

●参加者条件:
「健康な20歳〜35歳の若者で下記条件いずれかに該当する人」
・自分の大切なヒト・モノ・コトを知りたい、気づきたい、学びたい人。
・ワクワク、イキイキ未来と共に今を生きたい人。
・穏やかに、居心地よく、しなやかに自分のモノサシで生きたい人。
・人生は旅だ、冒険だ、変化だ、挑戦だという人。

●募集定員: 4名

●お申し込み方法 :
下記の「参加のお申し込みはこちら」のボタンからお申し込みください。
お申込みフォームの「お問い合わせ項目」は「イベント参加申し込み・お問い合わせ」を選択、イベント名は「LJ浦幌」とご記入ください。
お申込みいただいた方に、担当者から個別に詳細のご連絡を差し上げます。
締切:2019年10月11日(金)
(定員に達した場合は上記日程以前に締め切ります)

●お問い合わせ
株式会社リレイション LJ浦幌担当 三村
E-mail:mimura★relation-style.com (★→@)

10/14〜16 Learning Journey in URAHORO(北海道十勝郡浦幌町)

2019/10/14~2019/10/16

北海道十勝郡浦幌町

一般/38,000円 学生/19,000円

参加費は宿泊費・食費込。

参加申し込み・お問い合わせ

質問・不明な点など気軽にお問合せください。

参加のお申込みはこちら 受付は終了しました

この記事を書いた人

三村 直輝

三村 直輝

広島県広島市出身。農業で若者を元気にするNPOに出会い、地域と若者をつなげることを生業にすると決意。神山塾7期を経て、北海道十勝・浦幌町の廃校カフェ(TOKOMURO CAFE)を運営。カフェをコミュニケーションツールとして、地域の魅力を発信していきます。

この人の書いた記事を見る

関連記事