Menu
Menu
【EVENT PR】2017年12月16日(土)リレイション文化部 in 東京 vol.1〜マンガtalk〜

【EVENT PR】2017年12月16日(土)リレイション文化部 in 東京 vol.1〜マンガtalk〜

こんにちは。
東京常駐スタッフの西川です。
今日は、12月16日(土)に東京・北品川で行う交流イベントのご案内です。

 

 

リレイション文化部発足

リレイションの本拠地である徳島では、
今年月1回くらいのペースで、「スポーツ交流会」をおこなっています。
スタッフや神山塾生を中心に、その名のとおり、体を動かしながら交流を深めようという集まりです。
(スポーツ交流会の開催は、リレイションのFacebookページにてご案内しています。)

私自身は普段東京にいるため、まだスポーツ交流会に参加したことはないのですが、
スポーツなど、レクリエーションを通しての交流は、
普段仕事をしているだけではわからない相手の一面などを知ることができそうでいいな、と思っていました。
とはいえ、実はスポーツはあまり得意ではない私……。
好きなことは、というと、読書や映画鑑賞などなどもっぱらインドア系。

ちょうど、神山塾9期にオープン参加した伊藤というスタッフが、
この冬から、東京でリレイションの仕事にかかわってくれることになったのですが、
彼女も本や映画など、カルチャーにかかわることが好き。
そこで、徳島でのスポーツ交流会に対して、
東京では文化部を発足させてみることになりました!

 

 

文化部活動vol.1は「マンガtalk」

伊藤と2人で話しているときに特に盛り上がるのが、マンガの話。
好きな作品や最近読んだ作品のことを話していて、
いつしかそれが仕事・暮らし・人生などの話に発展していたことも1度や2度ではありません。

というわけで、「自分たちが好きなことで人とつながる」がモットーの文化部の活動第1弾は、
マンガについて語る「マンガtalk」に決定しました。
「自分の仕事・暮らし・人生について影響を与えた作品」というテーマでマンガを持ち寄り、
それをきっかけに交流を深めていければと思います。

 

 

私の一冊は高野文子『るきさん』

171213_01
長いこと持っている本なので、表紙などがボロボロになっていますが、そこにまた愛着があります。

当日は1〜3冊のマンガを持ち寄っていただくのですが、
「自分の仕事・暮らし・人生について影響を与えた作品」というと、
なかなか幅が広く、ピンと来ないという方もいらっしゃるかもしれません。
そこで、私が持っていく予定の1冊をご紹介します。

高野文子著の『るきさん』は、「るきさん」という東京で暮らす女性の日常を描いた作品です。
私にとって、るきさんは理想の働き方&暮らし方をする人。

るきさんの仕事は「お家でやるお医者の保険の請求です」。
そして、有能で仕事が速いので、「一月分の仕事が一週間で終わっちゃう」。
仕事以外の時間は、図書館に行ったり、友達の「えっちゃん」と何気ないおしゃべりをしたり、
スーパーで買い物をしてご飯を作って食べたり……とごくごく普通に生活をしています。

家で、自分のスキルを活かした仕事をしているところ、
有能なところ、余暇の過ごし方……どれも憧れてしまいます。

高野文子著『るきさん』(1996年・筑摩書房刊)の第1話、1ページめ。いきなりるきさんのワークスタイルにぐさっとくる始まり方。
高野文子著『るきさん』(1996年・筑摩書房刊)の第1話、1ページめ。衝撃のワークスタイルが、ごくさりげなく登場。るきさんがどういう人物なのかがこの1ページで最大限に伝わってきます。全ページカラーなので、毎回違うオシャレなカラーリングも見どころの一つです。

今でこそ、「働き方改革」などといって、
在宅ワークや長時間労働の抑制などが浸透してきていますが、
この作品が書かれたのは1988年。
私はその時まだ生まれて間もないので、この時代を体感してはいませんが、
ちょうど日本はバブル経済で、とにかくお金を稼いで、
派手に使うことが流行していた時代だと思います。
そんななかで、自然体で、日常を楽しみながら、働いて、生活するるきさん。
こんな時代を先取りする人物像をさらりと描いてしまう高野文子さんは、本当にすごいと思います。

私がこの作品を初めて読んだのは中学生か高校生の頃だったのですが、
そのときから「るきさんのような生き方っていいなあ」と思い続けていました。
社会人として働くようになってからも、
こうしてリモートで働くようになった今も、
つい自分らしさを見失いそうになってしまうようなとき、
「るきさんのように生きてもいいんだ」と思うと、
自分の軸がはっきりするような、地に足がつくような感じがします。
私にとって、とても大切な一冊です。

こんな感じで、皆さんにとっての大切な1冊もぜひ知りたいです。
私は、当日は別の作品も持っていきたいと思います。

 

 

ご参加お待ちしております!

KAIDO BOOKS & COFFEEの店内。
KAIDO BOOKS & COFFEEの店内。

会場として使わせていただくのは、北品川のブックカフェ「KAIDO BOOKS &COFFEE」さんです。
こちらのお店には、旅をテーマにした本がたくさん集められていて、
その様子はまるで図書館のよう。
自由に手にとって見ることができますので、マンガとともに、ぜひお店の本もお楽しみに。

また、神山塾出身である私たちに聞いてみたいことがある、
私たちがかかわっている神山・浦幌などといった地域、
リモートワークなどリレイションの仕事に興味を持ってくださる方がいれば、
それについてもお話したいと思います。

すでにお会いしたことがある方も、初めましての方も、
どなたさまも大歓迎です。

暮れのお忙しい時期とは思いますが、
皆さまのご参加をお待ちしております。

【イベントの概要】
日時:
2017年12月16日(土)16:30〜18:00
(途中参加OK!)
場所:
KAIDO BOOKS & COFFEE
140-0001 東京都 品川区
北品川2-3-7
Google MAP
費用:
お店にて、1ドリンク(以上)のオーダーをお願いします。
持ち物:
「自分の仕事・暮らし・人生について影響を与えた作品」というテーマで、1〜3冊のマンガをお持ちください。
できれば、電子書籍ではなく、紙の本をご用意いただけますと、
参加者同士交換して手にとってみたりしやすいのでありがたいです(レンタルコミック等でも構いません)。
参加方法・お問い合わせ:
Moeko NishikawaまでFBメッセージ
またはnishikawa@relation-style.comまでメールでご連絡ください。
(会場へのお問い合わせはご遠慮ください)

Facebookイベントページも参考・リマインド等にご活用ください。
リレイション文化部 vol.1〜マンガtalk〜 Facebookイベントページ