Menu
Menu
誰と行くかで景色が変わる~親子旅 in 神山~

誰と行くかで景色が変わる~親子旅 in 神山~

こんにちは、神山塾KATALOGコース2期生の松岡真由美です。

私は今年4月に主人の仕事の転勤で徳島に東京から移住。
現在は神山町から車で90分くらいかかる海の街、鳴門市在住です。

塾生になり約2か月が経過。
活動拠点のひとつである神山町へは休日を含め、
すでに15回以上は足を運んでいます。

そんな中、私は神山へ行くたびにいつも考えていることがあります。
それは、
「神山ってどんな場所なんだ?」ということ。

東京の友人たちからも聞かれるのですが、
「川も山並みも綺麗なふるさとみたいな場所だよ」
と答えています。
しかし、自分の中でその表現がしっくりきていないところがあるのです。

そこで、子どもの目線から神山を見たらどういう印象を持つだろうか。

そんなことを思いつき夏休み中の長男(小2)を連れ出し、親子旅in神山を決行しました!

 

 

「世界一美味い! 」

車窓から写真撮影を始める息子。バスの乗客は私たち親子だけで借り切り状態でした。
車窓から写真撮影を始める息子。バスの乗客は私たち親子だけで借り切り状態でした。

私は運転免許を持っていないので、今回は徳島駅からバスを利用。
1時間くらい乗っていると話すと「え~飽きちゃう」と息子。
仕方なく欲しがっていた
妖〇ウォッチのメダルを買い与え、いざバスへ!

親子揃って温泉が好きなので、神山温泉前で降りることに。
すでに11時半を回っていたので、
まずは昼食にしようと、神山温泉近くの焼き肉店「梅里」へ初入店。

肉たっぷりのビビンバ丼を親子で注文しました。
石焼きなので激しい湯気に興奮!
息子がハフハフしながら「世界一美味い」と一言。
神山には世界一美味い石焼ビビンバがあります。

持ち帰りの餃子をパパに買っていくか?と聞くと、「バスの中が餃子くさくなる」と言われてしまいました……。
持ち帰りの餃子をパパに買っていくか?と聞くと、「バスの中が餃子くさくなる」と言われてしまいました……。

 

 

「願いは叶わなかった」

170913_04

お腹も膨れ一気に遊びモードになった息子と私。
神山温泉ホテルにあるレンタサイクルで周辺を回ろうと提案しました。
すると「神社に行きたい」と息子。
思いもよらない回答になぜ行きたいかと聞くと、

息子「神様にお願いすれば欲しいメダルが当たるから」。

どうやら息子は希望通りのメダルをゲットしたいため、神様へお願いをしたいらしい。
というわけで、神山温泉から一番近い「上一宮大粟神社」神社へ。

もっと上に本堂があるはずなのですが、入口付近でメダルを持ち願掛けし始めてしまいました。変わりやすい天気で雨が降りそうだったので、本堂へは進みませんでした。
もっと上に本堂があるはずなのですが、入口付近でメダルを持ち願掛けし始めてしまいました。変わりやすい天気で雨が降りそうだったので、本堂へは進みませんでした。

願掛けを終え、期待を胸にメダルパックを開けましたが……結果は残念。
「願いは叶わなかった」と悲しそうな一言。
そんなに人生は甘くないと教えたら、無言になってしまいました……。
そんな悲しみに暮れる息子を反映しているかのように、しとしとと降り始める雨。
息子を自転車に乗せ、そそくさと神山温泉へ戻ることに。

しかし、変わりやすい山の天気。
少し経つと雨は止み、たちまちギラギラ太陽の夏空が復活しました。

息子よ、君の気持ちもこの天気のようにすぐに晴れるさ。

そんなことを心の中で息子に話しかけ、
途中で里山みらいに立ち寄るなどして神山温泉へ戻りました。

途中、里山みらいに立ち寄りいい感じのソファを息子が発見。しばらくくつろいでいました。
途中、里山みらいに立ち寄りいい感じのソファを息子が発見。しばらくくつろいでいました。

 

 

「神山で歯が抜けたことかな」

170913_07

神山温泉に着いたとたん、再びザーッと大雨に。
足早に温泉施設へ駆け込みました。

「温泉であったまろう」と息子から言いだし、男女に分かれて入浴。

「ロッカーの鍵もわかった?」と聞くと、
「全部自分でできたよ」とドヤ顔の息子。

すっかり機嫌も良くなりひと安心。
早くもバスの時刻が迫りバス停へ。
停留所のイスに座りながらバスを待っているといきなり……。

息子「歯が抜けた!」。

息子が嬉しそうに抜けた歯を見せてきました。
ここ数日間、なかなか抜けずに気になっていた乳歯。
それがこのタイミングで抜けたようです。

息子「神様は願いを叶えてくれた」。

「欲しかったメダルは手に入らなかったのに?」と聞くと、
「メダルよりも体が大事や」と息子の深いひと言。
知らぬ間に子どもは成長しているんだなとうれしくなりました。

こちらが抜けた歯。抜けた下の乳歯は屋根の上に投げれば永久歯がちゃんと生えてくるらしいので、神山の夏空に乳歯が舞いました。
こちらが抜けた歯。抜けた下の乳歯は屋根の上に投げれば永久歯がちゃんと生えてくるらしいので、神山の夏空に乳歯が舞いました。

帰りのバスの中、
「今日神山で過ごしてみて、どんなことが想い出に残っている?」
と聞いたところ「神山で歯が抜けたことかな」とのこと。

ずっと気になっていたグラグラだった乳歯が抜けてスッキリしたことが、
一番印象に残っているようです。

あっという間に終わってしまった今回の親子旅。
子どもの成長を感じられ嬉しい旅になりました。

そして、私はあることに気づきました。

それは、
「神山がどんなところかというのは、神山へ誰と行くかで印象が変わる」
ということです。

というのも、今回親子で訪れた神山は無条件で子どもを受け入れてくれた、
懐の深い近所のおじさんという印象の場所。

一方、KATALOGコースメンバーと一緒の時は、
「神山で一体どんなことができるのだろうか」と、
どこか探るような感覚で神山を捉えていて”未知なる神山”という印象。

さらに東京から来た友人と訪れた時は、
山並みがとてもきれいで美しい川がすぐそばにあったりと、
目に映るすべての景色がとにかく美しく、
こんな場所で子育てができたらいいなと、
少し憧れの目で神山を見ていました。

一緒に行く相手によりひと味違う表情で魅せてくれる神山。
仕事仲間、友人、家族、そして時にはひとりで。
いつもと違う相手を連れて神山へ訪れてみると、
それぞれ違った印象が楽しめると思います。

神山へ行ったことがない人はもちろん、
神山へ頻繁に訪れている人にとっても
思いも寄らない発見や出会いがあるはず。
あなたもぜひ神山へ足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

【おまけ】今回訪れたスポット

スクリーンショット 2017-09-08 11.19.52

今回の親子旅で訪れたスポットをマップにまとめてみました!
車がなくても徒歩で巡れるスポットです。
ぜひ神山を訪れる際の参考にしてみてください。
親子旅 in 神山マップ- Googleマップ

[焼肉 梅里]
お母さんたちの愛情を感じるお料理はどれもボリューム満点。
食べ盛りの息子の胃袋を満たしてくれました!
神山でお肉を食べたいならぜひこちらへ。
住所:名西郡神山町神領字本上角

[上一宮大粟神社]
昔話の挿絵に出てきそうな参道の鳥居と神門が印象的。
その門をくぐりまっすぐ続く緑に覆われた参道の先へ行けば、
立派な社殿が出迎えてくれます。
住所:名西郡 神山町神領西上角330

[里山みらい]
梅干し「神山ルビィ」が手に入るスポット。
地域のイベント情報などもここで手に入ります。
入口前にあるかかしのカップルが目印ですよ。

住所:名西郡神山町神領本上角99‐7

[神山温泉]
必ず立ち寄って欲しい神山スポットの代表格。
片方の湯処には子ども専用の湯船も!
地元の特産品をはじめ新鮮野菜なども手に入ります。
住所:名西郡神山町神領本上角80‐2